旅行大好きOLおすすめ女子旅ブログ

旅好きOLがグルメやホテル、観光地の情報をお届け!国内・海外問わず、旅行に関するおすすめ情報を中心にまとめました。心も身体も旅行でリフレッシュ‼︎意外と悩む女子旅コーデも合わせてご紹介。

北海道でお肉を楽しむ・びらとり牛

こんにちは(^^)

北海道といえば海鮮、のイメージですが、お肉も有名なんですよ!

今日は北海道でおいしかったお肉についてご紹介します。

 

北海道のブランド牛って意外とあるようですね!45種類くらいあるそうです。

 

今回ご紹介するのは、

びらとり牛です。

 

こちら、びらとり牛ハンバーグ★

f:id:atemedje:20170805164757j:image

【平取和牛専門レストラン「くろべこ」】というところのハンバーグです!平取でとれた食材を使ったメニューが充実しています。

 

このハンバーグ、トマトソースですが、実は、平取町はびらとりトマト、と言ってトマトも有名なんです!(知らなかった~)トマトの酸味がアクセントになってとてもおいしかったです(o^^o)

 

先日、スーパーでも発見してつい買ってしまった・・・笑

f:id:atemedje:20170906224344j:image 

 

そして、こちらはチーズハンバーグ!

f:id:atemedje:20170805165820j:image

 ハンバーグ×チーズも定番でおいしいですよね(*^_^*)どのメニューもすてがたく、迷っちゃいました!

 

あとは、びらとり黒豚、を使ったメニューや、ステーキ、すき焼きやしゃぶしゃぶのメニューもありました♪

 

この看板が目印です。

(周りに大きい建物がないのでわかりやすいです)

 f:id:atemedje:20170805170122j:image

 

こちらが外観。お店の外観もなんだか北海道ぽいですね(^。^)かわいい♡

f:id:atemedje:20170805170208j:image

 

ところでみなさま、平取の場所ってわかりますか?北海道南西部、日高地方です。

是非地図で確認を…(^_^;)

 

で、びらとり牛ってどんな牛なの?ということですが、JAのホームページにこのように書いてました。

 

北海道の南西部に位置する平取町で生産された「びらとり和牛」は、生産者の熱い想いと、北海道特有の厳しい自然の中で鍛えられた逸品です。びらとり和牛の特徴は、平取町の凍てつく冬の寒さを乗り越える事によって、肉の旨味が凝縮され、味の濃い牛肉になっているのが特徴です。 

http://www.kurobeko.com/kodawari

 

  たしかにその通りかもしれません!

食べたときも口の中に肉汁がジュワ~とあふれてくるかんじ、みなさん好きですよね。THEお肉!という感じ、の牛です。

 

肥育素牛の大半が平取町内で生産されており、「びらとり和牛」1頭を生産するためには妊娠期間を含めると約40ヶ月もの時間と労力を要します。

http://www.kurobeko.com/kodawari

 

 40ヶ月って!あまりブランド牛のことは調べたことがなかったのですが、こうやって調べてみると本当にこだわりがあるんだなと改めて感じました。

札幌からは少し遠いですが、行く価値はあります(*^▽^*)

 

温泉に行った帰り、旅行の帰りに立ち寄ってみて下さい♪

 

ちなみに春ウニが食べられる静内と距離的には近いです。

atemedje.hatenablog.com

 

 ランチはウニ、ディナーは肉、こんな贅沢な組み合わせはいかがでしょうか(*^^*)